ポケモンGO攻略wiki

おこうとルアーモジュールの違いは?併用時の効率も検証した

周囲に存在するポケモンを呼び寄せるアイテム「おこう」と「ルアーモジュール」を徹底的に解説している記事である。各アイテムを使う際の参考になれば幸いだ。

▼ 目次

おこうとルアーモジュールの違い

 ポケモンを呼び寄せるアイテム

おこう+ルアーモジュールは、ポケモンを呼び寄せ集めることのできるアイテムである。

この2つのアイテムの主な違いは使用タイミングである。詳細情報をまとめてみたので参考にしてください。

 おこうルアーモジュール
価格(1個あたり)80ポケコイン100ポケコイン
効果時間30分30分
効果範囲自身の周囲ポケストップ周辺
タイミングいつでもポケストップアクセス時
出現位置自身周辺ポケストップ周辺

最大の違いは効果範囲である。移動時は、おこうを使う。粘る場合は、ルアーモジュールを使うことで使い分けをすることが可能だ。

ちなみにおこう+ルアーモジュールとの併用可能なので、ポケストップ内でルアーモジュールを使用しながらおこうを使うことで効率的にポケモンをゲットすることも可能だ。

▶︎ポケモンどこにいる?出現場所について

おこう使用時と、ルアーモジュール併用時の出現数を検証結果

おこうを使用する場合は、30分以上歩く場合に使うことで高い効果を得ることができる。

一定の条件を元に検証した結果

検証ケース捕まえた数(平均)
おこうを使用して移動 平均9体
おこうとルアーモジュール併用 平均16体
ルアーモジュールを使用 平均13体

おこう+移動の効果

おこうを使って30分移動した結果の平均は9体。おこうを使わずに移動するよりもはるかに出現率が高いことがわかる。

また、直線距離を移動し続けるか、同じ所をぐるぐる周回するか、ルアーモジュールが使用されているポケストップにどの程度立ち寄るかどうかによっても出現数には差が出てくる。

結果的に、ポケストップによりボールや傷薬が必要になってくるので遠回りでも良いので可能な限り寄り道をすることをオススメする。

おこう+ルアーモジュールの相乗効果は平均でプラス値

おこう+ルアーモジュールの効果は偉大であるが、同じものが結局多く手に入ってしまいので、

狙っているポケモンが存在しない限りは、新しいポケモンが出た時のために取っておくのも1つの手である。

その他アイテム解説記事

おこうの範囲や効果、効率のよい使い方はこちら

ルアーモジュールの範囲や効果、効率の良い方法まとめはこちら

ポケモンボックスの使い方まとめはこちら

各種どうぐの効果と活用法詳細情報はこちら

アップデート・メンテナンス情報

伝説のポケモンゲット(レイド対策)

巣・スポット情報

ポケモン図鑑

各属性別わざデータベース

タマゴ孵化・アメ

初心者トレーナー向け記事

ポケモン育成・強化

ジムバトル・対戦攻略

各種データベース

裏技・小技・稼ぎ

全ポケモン評価一覧

おすすめWiki